FC2ブログ

大江健三郎 水死



難解と言われる大江さんの本です。
死んだ犬を投げる、石子詰め、水死の思い込み(父親の夢)、
フィクションと現実の区別がつかない、
など多彩なキーワードが出現します。日本ならではの読みものなので、
ある程度災害知識のある人向け。
強姦でDNA鑑定とか、この人えらい詳しいな。

大江健三郎さん自身、父親の死を水死と勘違いしていたそうです
(ネットの朝日新聞記事で書いてあった)。
そうですね、国内では火災より普通は溺死のリスクのほうが高くなりますが
(災害知識として)、
幼いころからそんな勘違いをするなんて賢い子ですね、健三郎さん。
天皇制反対者なのよね、この人。最後の章で、昭和の精神や明治の精神、
心の教育のことを言っていますが、この章が一番印象に残りました。
スポンサーサイト

テーマ : この本買いました
ジャンル : 本・雑誌

佐藤愛子



江原さんを見つけてマスコミで紹介した人が佐藤愛子さんだったんですよね。
若いころの江原さんの話も載ってます。
私調べたんですけど、人の視線を察知する女性は第六感に入りますかっていうやつ。
ネット上で質問があって、答えてる人もハンシンハンギで。
私は視線に気がつく能力は実際あると思うの。お店で電車で、ふと気がついたら目が合う人いますよね。
向こうも見てたとか、いま見たばかりだったけど確かに視線がふと合ったとか誰でもあると思いますが。
これは本能的なことで動物には危険予知力としてそれはある程度あるんだろうと思う。
それを霊感と呼ぶかどうかは別ですが、、、

佐藤愛子さんの体験は本になるから編集者の人も知っていて、
婦人公論では実際、佐藤愛子さんの原稿がfaxで送られてくる際、
霊障で真っ黒になったりするので、お払いもやっていたそうな。
なんの霊かというと、アイヌの霊。と、狐霊だそうです。

あるんですねこういうの。うちもラップ音はありましたよ。
聞いたのは1F母で、2Fの私は知りませんけど、
工事行者呼んでも解決しなかったので今でも謎なのですが。
真夜中に10回以上、両手で拍手する大きい音がぱんぱんぱんと壁から聞こえたらしいです。
母も霊は信じてないので、電気工事の人を呼んできて壁の中で何か破裂してませんかと尋ねたところ、
こんなところに中身なんかありませんよとふしぎがられました。

佐藤愛子さんの家(北海道の別荘)は佐藤さんの先祖さまの因縁でたたられていたそうですが、
私の家は新築でもなく中古の家だからなー。なんだったかはわかりません。
美輪明宏さんはデータ持っていて、新築の家に住むと死人が出るっていう
データ持ってらっしゃいますね。
実例の名前ぼかしてましたけど、逸見正孝さんとかソニーの社長さんとかがそうらしい。
死ぬらしいね。大きい家を新築すると正負の法則で死んでしまうらしいです。
美輪さんはきっと、よく富豪の相談に乗る人だから、そういうデータは信ぴょう性ありますね。
私、建築に興味あるのでそういう話には驚きました。
災害で家が壊れるんじゃなくて、新築すると死人が出るんだって。
建築現場ってお払いするケース目撃しませんか?近所の空き家とかやりなおしてるとき、
しめ縄があるの見たことありますが、
日本にはそういう建築の際の神道的な決まりごといっぱいありますよね。

テーマ : スピリチュアル
ジャンル :

世界史 小谷野敦



面白いです。
アーサー王伝説がつまんないとか、右翼と言えば日の丸と勘違いしてる中学生並みの大学生(下流)とか、
この人結構見るところ見てるなあ。
もてない男読んで衝撃でしたが、阪大教授になって石橋おられたんですね。
私の出身も石橋なので。阪大裏にはきれいな菫が咲くのでよく遊びに行ったものです。




テーマ : 紹介したい本
ジャンル : 本・雑誌

芥川龍之介とは

なぜいまここで芥川かというと、大江健三郎を読んでいて実存哲学を知り、
個人的な体験の主役「鳥」が英文科卒ということで、何回か出てきますが、
個人的な体験でよく出ている「自殺」のキーワードで芥川に至りました。
芥川さん東大英文科卒で自殺してるのね。

ネットで読める芥川
青空文庫
芥川龍之介のページ

ただ、自殺の原因がはっきりしているようなしていないような。。。
あれ?とは思ったんですが、将来に対する「ぼんやりとした不安」を本人はあげていて、
一説には母親のように気が狂うことへの不安ではないかと言ってる人もいたみたいですが、
そうかなあ?それはないやろ。本人は東大出てたらわかりそうですけど、
精神病(明治期は早発性痴呆症で、最近統合失調症といわれるやつ)って遺伝しないんですよね確か。
それともこの時代は医学的に遺伝するというような学説になっていたんだろうか…???

芥川の墓が染井霊園にあるそうです。
染井霊園と言えば、公共墓地(?)なのかな。行ったこともないし詳しく知らないですが、
染井霊園のもとは播州林田藩主建部の下屋敷だったそうです。
私は兵庫県のもので、その林田藩主に関係ある家の家系の寺(浄土真宗)のもので、
建部という名字なのですが、染井霊園には芥川以外にも岡倉天心や谷崎潤一郎が
入っているらしく、ひえええと思いました。
うちは貧乏寺で父が最後の住職になりそうですが、
染井霊園ってそんなに由緒正しい霊園なのか。すごい。知りませんでした。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

斉藤孝祭りじゃー!

別に信者ではないのですが、気がついたらこの人の本をいっぱい買っていたので、
何点か感想を書きます。

今日はバス待ちで3人から時間をきかれ、1人から道をきかれました。
計4人ですが、私はよく道で人からものをきかれます。なぜだろう。。。。
多分ひまじんそうに見えるんだろうけど。



特別「大学のレポートの書き方」みたいな本ではないですよ。
中国行政の知識が少しあれば面白く読めると思います。



ざっくりすぎるんじゃなかろうか。。。
三段階に分けて説明されてます。古典の時代、中世の時代、現代ですね。
アリストテレス、ソクラテス、プラトンなどから入ります。



現代語訳というか、そうなんですがそれにしても内容が少ないです。
斉藤孝というか、福沢諭吉を優しく読みたい人向けです。




ちょっと前の大学生がかなり読書量が落ちていたということが書かれています。
斉藤孝は読書しすぎって言われるくらい読んでると思うけど、
日本人全員が東大目指すわけじゃないから、
量より個人の質や理解力だろうと思いますが。わたしは。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

記事種類

プロフィール

秋水時鶏

Author:秋水時鶏
平の芸術学士。1981年生まれ。
兵庫県在住O型の天秤座。
趣味は読書、特技は日本画、水墨画、色鉛筆画等だけど、画材がそろえばなんでもやっちゃう。

☆公式サイト
秋水の画廊
日本画の他にも画材の使い方とかのせてます。

昔記事一括表示

Click !

できればポチっと
keshimurasakiの最近読んだ本 POPLINKS 人気ブログランキングへにほんブログ村 美術ブログ 日本画へにほんブログ村 哲学・思想ブログへ ブログ-(ブログランキング)ブログセンターブログランキングブログランキング 書評ブログランキング 創作ブログランキング 絵 ブログランキング【くつろぐ】
人気ホームページランキング 芸術 ブログランキング
ブログ登録型検索エンジン
画材店さま
興味のある技能
特別分野 PR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

主張・同盟
使えるプラグイン