FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥の手帖



こりゃあいいという本です。絵を描く人にプレゼントするのにお勧めですよ。
鳥が嫌いな人じゃなければ、嫌がられることはまずないです。中身は和風です。
江戸時代風のというか、描法でいうと丸山応挙みたいな鳥の写生絵(筆の毛先一本で、
毛描きしてあるやつ)がフルカラーでいっぱいのってます。
写真解説の後で、絵で楽しむというスタイル。

古本屋でゲットしました。
姫路市の地元の古本屋さんで、多分こういう本は古本市では買えないタイプ。
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

ピエ・ブックスはいいのばかりですね

狩野 重賢,狩俣 公介,高岡 一弥
ピエブックス
発売日:2010-09-08



花の描き方で検索をかける人が多いようなので、お勧めの一冊です。

色見本つきで、日本画的彩色方法が書かれています。
使用されている絵具は日本画のものです。
写生方法の解説は一つもなく、ある程度自力でできる人向けです。
でも絵具は日本画の顔彩か、水彩で代用できると思います。

テーマ : 花・植物
ジャンル : 写真

草木の写生

狩野 重賢,狩俣 公介,高岡 一弥
ピエブックス
発売日:2010-02



姫路のジュンク堂で購入。
買って良かった~。凄い奇麗なの。ずっと見てて飽きません。

桜ツツジ椿などは当たり前で、スミレタンポポも勿論、
本の制作者がアートディレクターと東京芸大のひとで、
広告デザイン関係の人だったらこれはすぐわかると思う。クセの無い色彩で上品です。
花の横に彩色手順(というか、色作りのメモ)が描いてある。

私が写生すると生々しくて命在り過ぎになるので、
こういう絵が参考になります。

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

ルドゥテ

シャルル レジェ
八坂書房
発売日:2005-07



水彩画や色鉛筆の塗り絵でよく見かけるルドゥテのご紹介。
「薔薇の画家」なんて言われてますね。
イングリッシュローズを中心に描いていたのかと思いがちですが、
この本では生と死のようなテーマにみえるような油絵が何枚も出て来ます。
バックが荘厳で、コントラストが強く「上品なようで怖い」
写実を極めたドラマティックなイメージの絵も多数収録されています。
こういうオーラの絵を描く人はこの時代では一流です。

大好きなのでイチオシ。



テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

江戸猫

稲垣 進一,悳 俊彦
東京書籍
発売日:2010-05-15



薄いんだけど、ちょっと高いです。古本になるのを待ちます。
アニメのモノノ怪思い出しました。私あの深夜アニメ大好きだったんです^^。
OPテーマの下弦の月と一緒に流れるアニメーション(CG)の浮世絵のようなイラスト。綺麗で鮮やかで、それでいてちょっと気持ち悪い雰囲気なのがたまりません。

綺麗で鮮やかでちょっと気持ち悪いの元祖系がこの江戸猫です。日本人のこういう底知れぬ感性をながめていると、ディズニーのネズミなんかじゃ駄目だと思うの。

この本に載っている絵を見ていて思ったのですが、昔の日本人って綺麗好きだな。
猫の毛が若干「ケダモノ」「汚いもの」として描かれている印象を受けます。猫の毛といえば、現代ではラブリーなふわふわものとして受け止められると思うのですが、江戸時代は「ファー」とかいう考え方もファッション性も無かったんじゃないかな。


テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

記事種類

プロフィール

秋水時鶏

Author:秋水時鶏
平の芸術学士。1981年生まれ。
兵庫県在住O型の天秤座。
趣味は読書、特技は日本画、水墨画、色鉛筆画等だけど、画材がそろえばなんでもやっちゃう。

☆公式サイト
秋水の画廊
日本画の他にも画材の使い方とかのせてます。

昔記事一括表示

Click !

できればポチっと
keshimurasakiの最近読んだ本 POPLINKS 人気ブログランキングへにほんブログ村 美術ブログ 日本画へにほんブログ村 哲学・思想ブログへ ブログ-(ブログランキング)ブログセンターブログランキングブログランキング 書評ブログランキング 創作ブログランキング 絵 ブログランキング【くつろぐ】
人気ホームページランキング 芸術 ブログランキング
ブログ登録型検索エンジン
画材店さま
興味のある技能
特別分野 PR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

主張・同盟
使えるプラグイン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。