FC2ブログ

永遠の0



結論から言いますが、すごく良い本だよ。

先に大江健三郎の水死を読んでいたので、カヴァー裏の筆者の学歴「同志社(私立大)中退」、
「探偵ナイトスクープ関係者」でがっかりしながら最初は恐る恐る読みましたが。。。
(私が昔に行ってたバカ専門学校に、臨時講師できてたナイトスープの関係者がさあ、、、
5時間遅れで講演に駆けつけるクソ教員だったので印象最悪だったの。
同志社卒で浅野ゼミ出身の似たようなクソ教員がいたわで。)

でも、この筆者さんは素敵でした。
半分読んだところで涙がとまりませんでした。゚(゚´Д`゚)゚。
極左で親しく北朝鮮を想う私でも泣くので、最高傑作なのでは。

それで俺は反米や。で?なんで?アメリカでテロが起きたら、その時点で、
第二次世界大戦中の日本の特別攻撃隊までジハードと同じテロリスト扱いになっとんのじゃ。
俺はそこから完全に許されへんわ。パールハーバー?原爆で終わった話でしょ?
下手したら、放射線被曝も日本の原発は海外から押し付けられた仕事だからまだ終わってない話や。

それはイスラム圏からテロられるぐらい嫌われてる、アメリカ自体の政治に問題があると思います。
日本のカミカゼとは完全に主張が違うので。9.11は。
同じ扱いにするなということは言いたいですね。。。
日本人の方が、アジアを代表する立場でみんな八紘一宇の考え方で、
天皇を家長とし、全家族と思いながら国土を守るために真面目に国策でやってたのよ。
突然人質をとって、殴り込みをかけるのとは、全然思想が違います。


スポンサーサイト

西田幾多郎



古本屋さんで購入しました。
古本屋さんといっても最近できたマンガ本市場みたいなのじゃないです。
姫路市の古書店さんです。かなりインテリな本しか置いてない厳選本ばっかりのお店。
1966年本です。上に2007年って書いてあるけど私が持っているのは96年初版です。

西田先生、子どもが亡くなってるだけかと思ったら、近所の家が火災で焼失して、
転居されていた経験までおありだったんですね。この本で初めて知りました。

西田先生はウィリアム・ジェームスの多元的宇宙論からも影響を受けていたそうですが、
(この時代は鈴木大拙も多元的宇宙論に影響を受けていたはず)
私がウィリアム・ジェームスという人が多元的宇宙論という著作物を出しているのを知ったのが、
夏目漱石の青空文庫収蔵の本からでした。おはずかしながら。
哲学本買ってて、ウィリアム・ジェームスも知らんのか云う感じやけど。

あと、そういう多元的宇宙という考え方があるというのは、一番最初には、
大江健三郎の個人的な体験に出てくる火見子の語る内容から知っていました。
それでも大江健三郎読むようになったのここ数年前というか、
私もちょうど27歳のときでつい最近です。

それで鳥が火見子を哲学者と言って、死んだ人は相対化できないから心理学的な詐術だって、
言ったんですね。だんだんわかってきました。
大江健三郎はサルトルの影響を受けているというのは知っていたので、
サルトルと言えば九鬼周造だなーくらしか思ってなかったんですが。
そうか、ウィリアム・ジェームスか。。。今度買って読もうと思います。多元的宇宙論。
今はヒッグス素粒子の時代ですが。

テーマ : この本買いました
ジャンル : 本・雑誌






最近、デザインの勉強をしていて、この二冊にたどり着きました。
学校では教えないのですが、宗教が違うと世界の説明の仕方が全く違うんですよね。

少ししか関係ないのですが、うちは浄土真宗のお寺なのですが、
創価学会員が不法侵入してきて、畑の作物を盗んでいくんですが、
注意したら逆恨みを買ったらしく、ご近所にうちの悪口を言いふらしてるらしいんですね。
その創価学会員が。
教えてくださった第三者の方はマトモな人なので、どういう悪口かまでは言いませんが、
言いにきてくださるくらいだから相当なのだと思います。

他にもうちの近所では創価学会員がほかの宗派のお寺の方のご病気をののしったりするのですが、
(ガンの原因がその宗派を選んだせいなので、創価学会に改宗しなさいというらしい)。
「創価学会で困っている人」でネット検索したらいっぱい出てきてびっくりしました。
創価学会はほかの宗派をおとしめることを平気で言う宗派みたいですね(汗)。
まったく考え方が違うのでびっくりしました。

まあ、アメリカ人も隣人を愛すようにとか言って、さんざん教会に通って、
イラク戦突入ですからどうか知りませんけど。

偶然性の問題



九鬼さんは神道の家なので、浄土真宗の私には風習というか、
九鬼さんの偶然性のたとえ話がわかりにくいです。調べ物が増えますが、勉強になります。
最近で言うシンクロニシティという造語ができる前だろうから、
あくまでも九鬼さんが扱う「偶然性の問題」ということで。

九鬼さんは文部官僚ですけど、水軍の家系の人なんですよね。
うちの遠戚の先祖が九鬼家に一人養子を送ってます。九鬼周造さんの先祖になってたらしい。
そっち(遠戚)は、うちよりいい身分だから浄土真宗じゃなくて、寺社ブギョウさんの家柄なのだけど。
キリシタン狩りとか、寺請証文があった時代からですね。鎖国とか。

江戸の交通行政マニュアルも基礎知識として読むといいです。
その時代は道徳が占領軍のものになるかなり前なので、
おそらく神道の家の九鬼さんの知識にもふんだんに神話の考え方が採用されている。
神道指令も入ってないしで、イラン知識が中途半端にあると九鬼さんの論文はかなり難しいです。

日本文化における時間と空間



これはものすごく面白い。
書いてるのは故人ですがお医者さまです。2008年に亡くなってるんですね。
紀伊国屋の哲学書の棚で発見した良書です。哲学の部類なんだろうか???

時間の類型
☆ユダヤ教的時間 ☆古代ギリシャの時間 ☆古代中国の時間 ☆仏教における時間
☆古事記の時間 ☆日本文化の三つの時間

という感じで始まります。私の大好きな読み物になりました。
時間を表現するということは言語を使うということになるので、
当然日本の言語の仕組みについても書いてあります。めっちゃ勉強になりますよ。

やっぱり以前から私も思っていたのですが、
円の時間を使う文明もあったんですよね。終末論のある宗教とない宗教にわかれるのとかも
前から疑問だったのですがいろいろ書いてあって面白いです。
以前はシュレディンガーの猫の本でニーチェがわかんないと言ってたのですが、
この本の解説で少しわかりました。



テーマ : この本買いました
ジャンル : 本・雑誌

記事種類

プロフィール

秋水時鶏

Author:秋水時鶏
平の芸術学士。1981年生まれ。
兵庫県在住O型の天秤座。
趣味は読書、特技は日本画、水墨画、色鉛筆画等だけど、画材がそろえばなんでもやっちゃう。

☆公式サイト
秋水の画廊
日本画の他にも画材の使い方とかのせてます。

昔記事一括表示

Click !

できればポチっと
keshimurasakiの最近読んだ本 POPLINKS 人気ブログランキングへにほんブログ村 美術ブログ 日本画へにほんブログ村 哲学・思想ブログへ ブログ-(ブログランキング)ブログセンターブログランキングブログランキング 書評ブログランキング 創作ブログランキング 絵 ブログランキング【くつろぐ】
人気ホームページランキング 芸術 ブログランキング
ブログ登録型検索エンジン
画材店さま
興味のある技能
特別分野 PR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

主張・同盟
使えるプラグイン